【IR】『マネーフォワード クラウドBox』で請求書を電子保管

マネーフォワードの新サービス

先日の日経新聞(2020年8月20日)で、
「マネーフォワード、請求書を電子保管 中小向け業務負担軽減」
というタイトルで、以下のような記事が掲載されていました。

・クラウド会計ソフトのマネーフォワードは2020年9月、
 請求書の電子保管サービス「マネーフォワード クラウドBox」を始める
・クラウド上でデータを一元管理し、社内の経理担当者らが
 取引情報などを基に検索して確認できるようにする
・まずはマネーフォワード社の請求書管理ソフトと連携し、
 ソフト上で受け取った請求書データを自動的に保管できるようにする
・ソフトを通じて取引先にメール送信・郵送した書類も自動保存する
2020年10月に改正電子帳簿保存法が施行され、
 領収書や請求書などのデータ保存の要件が緩和される
・企業はデータが改変できなかったり、
 改変の履歴を確認できたりするクラウドシステム上で
 書類を管理すれば、紙の原本を保存せずに済む

 ※2020年8月20日の日経新聞より引用・加工

 

個人的には、とても興味深い記事でした。

 

中小企業こそ、
電子帳簿保存法への対応を早急に進めて、
業務の効率化をしていくべきだと思っていますが、
そのためには、やはり「ツール」活用が不可欠です。

このサイトでは、ただただ個人的な主観で、
「マネーフォワード」の活用を推薦していますが、
このような周辺サービスを拡充いただけると、
より利便性が高まりますので大歓迎です。

 

なお、この件について、
マネーフォワード社からもリリースが出ていましたので、
そちらの方も以下で確認をしてみたいと思います。

 

リリース背景:『マネーフォワード クラウドBox』

まず、マネーフォワード社からのリリースをもとに、
今回の新サービスである『マネーフォワード クラウドBox』
リリースした背景を整理しますと以下の通りです。

————————————————————
■現行の電子帳簿保存法
・電子データとして受領した請求書に対して、
 受領者がタイムスタンプを付与する、または、改ざん防止等のための
 事務処理規程を制定して運用することを保存要件として定めている

■中小企業の現実
多くの中小企業ではこの要件に対応することが難しく、
 電子保存が普及していない現状がある

■ルール緩和の法改正
2020年10月から改正電子帳簿保存法が施行され、
 保存要件の緩和がされることになった
・これにより、電磁的記録の訂正または削除を行った事実や内容を
 確認することができるシステムに保存したデータは、
 保存要件を自動的に満たすことができるようになる

■マネーフォワード社の対応
・今回の改正電子帳簿保存法の施行に合わせて、
 中小企業のペーパーレス化を促すことで
 バックオフィス業務の効率化をサポートするため、
  『マネーフォワード クラウドBox』の提供を開始する
————————————————————

確かに、コロナ時代において、
リモートワークも急速に高まりましたが、
依然として税法のルールが厳しく、
本当の意味で書類の電子化ができない会社は多いと思います。

 

会社経営の現場では、
いろいろと電子的な方法を活用することで
ペーパーレスを目指しているとは思いますので、
「自社はペーパーレスが進んでいる」
と思われている経営者もいるかもしれません。

ただ実は、
経理の段階になると領収書等の原本保存が
義務付けられていますので、
途中の工程がペーパーレス運用できていても、
最終的には原本を紙で管理している実務になります。

これでは完全なペーパーレスといえず、
結局、二度手間になっている場合さえあるかもしれません。

 

このような状況をクリアし、
本当の意味でのペーパーレスを目指すには、
「電子帳簿保存法対応」
というの必須になります。

そのためには、事前に税務署へ申請をし、
規程やルールを整備していく必要があります。

 

ただ、その際にどうしても必要になるのが、
スキャンをしたり、電子保存するための「ツール」です。

そして、この「ツール」も何でも良いというわけではありません。

税法に対応したツールとして、
提供されたサービスでないと認められませんので注意が必要です。

 

今回、会計分野の専門である
マネーフォワード社から提供される仕組みは、
この「電子帳簿保存法」を意識したものになるので、
会計領域と上手く連動したうえで、
ペーパーレスの実現が近づくと思います。

 

当サイトでは、
会計領域としてのマネーフォワードではなく、
企業業務全体を効率化・合理化するうえでの
総合ソフトとしてのマネーフォワードのフル活用を推奨しています。

そのなかで、
今回の「電子帳簿保存法」を意識した
『マネーフォワード クラウドBox』
というサービスには、とても期待しています。

 

サービス概要:『マネーフォワード クラウドBox』

この気になる『マネーフォワード クラウドBox』
サービス概要についてですが、
マネーフォワード社からのリリースをもとに、
情報を整理しますと、以下の通りとなります。

・『マネーフォワード クラウドBox』は電子帳簿保存法の要件を満たし
 領収証や請求書などの取引関係書類を電子化し、
 クラウド上で保管ができるサービスである
・2020年10月の改正電子帳簿保存法施行に合わせて提供開始予定
『マネーフォワード クラウドBox』と『マネーフォワード クラウド請求書』を連携する
・『マネーフォワード クラウド請求書』を通じて受領した請求書や、
 『マネーフォワード クラウド請求書』を通じてメール又は郵送した請求書において、
 電子帳簿保存法の要件を満たした電子保存が可能となる
電子保存した請求書は、自動的に電子帳簿保存法の要件を満たすため、
 紙への印刷や原本での保管が不要
・本サービスを利用することで、2023年10月1日から導入される
 適格請求書等保存方式(インボイス制度)のインボイス制度への対応予定
IPO準備・中堅企業向けのクラウド会計ソフトである
 『マネーフォワード クラウド会計Plus』と連携し、
 領収書や請求書の証憑確認などの監査手続きについても、
 クラウド上でペーパーレスで行うことができるよう開発を進めていく
・『マネーフォワード クラウド請求書』以外のサービスとも連携していき
 業務効率化を実現する

 

いろいろと気になるキーワードがありますね。

たとえば、
・電子帳簿保存法対応
・ペーパーレス
・今後予定されているインボイス制度対応
・IPO準備・中堅企業向けの『マネーフォワード クラウド会計Plus』と連携
といったあたりでしょうか。

とくに、株式上場を目指すIPO準備会社には、
有用なサービスになりそうです。

 

最初は、同社のサービスである
『マネーフォワード クラウド請求書』と連携するところから
始めていくようなニュアンスですので、
おそらく、まだまだ業務全体に使うには、
不十分なところはある気がします。

ただ、今後は、
「それ以外のサービスとの連携もしていく」
との記載がありますので、
他サービスとの連携が進んでいくと、
業務全体でのペーパーレスが
実現していけるのではないかと思っています。

 

サービス説明:『マネーフォワード クラウドBox』

<概要>
・電子帳簿保存法の要件を満たす
・領収証や請求書などの取引関係書類を電子化し、クラウド上で保管ができる
・取引情報などを元に、簡単に必要な書類を検索し、確認することができる

<特長>
・電子帳簿保存法の要件を満たし、領収書や請求書を電子保存することが可能
・電子保存できるため、原本の保管の手間を削減できる
・電子保存した領収書や請求書の管理や検索が可能

<料金>
・無料

<サービス開始予定>
・2020年9月下旬

 

まとめ

ということで、今回は、
マネーフォワード社が2020年9月下旬にリリース予定の
『マネーフォワード クラウドBox』
についてお伝えさせていただきました。

マネーフォワード利用者であれば、
無料で使えるとのことですので、
これは是非使ってみたいサービスですね。

使用できるようになれば、
私も早速使ってみたいと思いますので、
気づきがあれば、改めてお伝えできればと思っています。